2012年07月26日

SP(Simulated Patient:模擬患者)の会に、岡村研修医挑戦!


医師がコミュニケーション能力を磨く!!
SPの会

医師に必要な能力は、医学の知識や手技だけでなく、他のスタッフとの協調性、患者との良好な関係を築くコミュニケーション能力がかかせません。とりわけ患者さんとの関係では、意思疎通の誤解から苦情や訴訟が起こってしまうことがあります。

今回は、頭痛を訴え、脳出血を心配した患者が外来の診察時間外に来院したという設定で、10分間の医療面接に、1年目の岡村研修医が挑戦しました。

参加者からのフィードバックにおける評価は上々。傾聴したり、ねぎらったり、共感したり高度な能力も発揮されました。
「検査の説明をしたほうがいい」「問診で時間を少しください」などと説明があると、もっといいというアドバイスもありました。

IMG_0855.jpg

上記の写真を見てください。左の岡村研修医。きちんと、「アイコンタクト」をしています。
そしてポイントは体の向き。記録もとっていますが、特に足が患者の方へと向いています。きちんと、あなたと向き合っていますよということですよね。こういう細かいところからも信頼関係は生まれたり崩れたりします。

藤崎和彦先生(岐阜大学医学部医学教育開発研修センター)は、こういいます。「(コミュニケーションや接遇は)頭で分かっていても、パフォーマンスできなければ、意味がない。とっさの患者の発言に、ふさわしいタイミングで、ふさわしい言葉がけができるには、日々の練習が不可欠。体験学習が非常に重要です。」

でも「実際に日常の短い限られた忙しい時間で、こういう、患者さんの立場にたった対応は無理じゃないの?」と・・・。
みなさんもそう思われますか?

しかし、コミュニケーション能力は体験学習をすることで、能力値があがります。
10分の医療面接で得た能力は、たとえ、実際に3分診療になってしまったときでも、態度にきちんと表れて対応できるのです。
こういうトレーニングをしない人は、10分の診察時間がたとえあったところで、患者さんを不愉快にしたり、あるいはどれだけ説明しても、納得されないなどのコミュニケーションの弊害が生まれることがあります。ですから、毎日、患者さんに対して向きあう医師は、自分のコミュニケーションはこれでいいのだろうかと意識を向け、時にはこういうトレーニングを受けることが有用です。毎日、実践の場があるのですから、きちんと学んで、きちんと実践がコツです。

ちなみに補足しておきますと、みえ医療福祉生協では、生協組合員と医療従事者が「SPの会」をつくり、組合員が俳優をやってくれています。そして、毎月、医療従事者がトレーニングに励んでいます。

筆者はコーチングと産業カウンセリングを学んでいますが、面接技法というのは、一生勉強しつづけなければいけない分野です。しかし、やれば確実に向上します。「自分が変われば、他人も変わる」。
医療従事者としては「患者の行動変容」は大切ですから、まずは接し方がどうなのか、そういうところもスキルアップしていかなければならないですね。

(記:村上英俊)
posted by 医学対 at 12:44| 三重 ☔| Comment(0) | 企画紹介・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

色々お知らせ〜


毎年当院では、医学科4年生を対象に「オスキー対策講座」を開催しています。

当院の医師や研修医が試験官となって、模擬試験を行っていますぴかぴか(新しい)
この講座を通して毎回思うのは、研修医の成長ぶりグッド(上向き矢印)
学生さんに指導する研修医の姿を見るのが楽しみですひらめき研修医にとってもよい機会になっているのかなと思います。

もしこのブログを見てくれている医学科4年生の方がみえましたら、定員まであと2名空いてるので、
興味のある方は、津生協病院医学生室までご連絡下さいわーい(嬉しい顔)

それから、今週の木曜日に多職種参加型の症例検討会がありますぴかぴか(新しい)
興味のある学生さんの見学OKの検討会です。
今回は、緩和ケアグループと、田中啓太先生が整形外科研修で学んだ整形外科疾患の2症例で報告されますひらめき
2月9日(木)17:00〜18:00に津生協病院2階リハビリ室で行います。
これまた興味のある方は、是非ご参加下さいわーい(嬉しい顔)
posted by 医学対 at 16:50| 三重 ☀| Comment(0) | 企画紹介・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

☆病棟クリスマス会☆

本日14:00〜病棟にてクリスマス会が行なわれましたexclamation

DSCN0788[1].JPG

写りきらなかった方多数…すごい参加人数でしたっexclamation×2
写真では分かりづらいとは思いますが、
飾りつけもきれいに施されていて、まさに気分はクリスマスるんるんるんるん

ジングルベルでのクリスマス体操から始まり、
サンタぼうしを作ったり、クリスマスソングを歌ったりと盛りだくさんな内容ぴかぴか(新しい)

また、ゲストとして敬和小学校の学童保育の「えのき会」にもお越しいただき、
よさこいを踊ってくれましたexclamation元気いっぱいでかわいかったですハートたち(複数ハート)
患者さんたちも手拍子したりと、笑顔があふれていました^ ^


病院内にいると、行事を楽しむってなかなか難しいことだと思うんですねあせあせ(飛び散る汗)
なのでこうやってイベントをすることで、季節感も感じれるし、
入院中の1つの楽しみになるんだろうなぁと感じましたかわいい

身体の治療だけでなく、生活面にも目を向ける。
患者さんに人として寄り添う、ということを考えさせてくれる企画でもあったかなと思います。
参加していただいた患者の皆様、えのき会の方々、
企画・運営して下さった職員の皆様お疲れ様でしたっexclamation×2
posted by 医学対 at 15:21| 三重 ☔| Comment(0) | 企画紹介・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

健康づくりフェスタ

せっかくなので、当院スタッフが作成したポスターも載せておきます!
DSC_0302-2.jpg

よろしく!
posted by 医学対 at 11:46| 三重 ☔| Comment(0) | 企画紹介・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

東海北陸医学生のつどい


8日、9日に民医連が主催し、東海北陸地方の医学生が集まって、交流、学習をする

「東海北陸医学生のつどい」の第1回実行委員会がありましたぴかぴか(新しい)

三重大学からも4名の医学生さんが参加いただきました。


第1回ということもあり皆最初は緊張気味でしたたらーっ(汗)

初日のメインは講演
中学、高校で物理の先生をされていた桜井先生による「浜岡原発と東海地震」というお話でした。

桜井先生は、サッカーの指導者としても有名で、元日本代表の選手を数多く育てられた方ですひらめき
そんな先生が今、何故浜岡原発についてお話をされているのか…。

この先生チョーアツい人で、教師をしていた頃、憲法改正が簡単に出来るように国会で決まろうとしているのを知って
自分の人生を振り返りこのまま教師をしていていいのかと思い立ち、
教師を辞め、憲法を守ろう!!と様々な活動をするようになったとのことでしたぴかぴか(新しい)
そしてその延長で、ご自身が暮らす静岡にある浜岡原発についても考えるようになったとのことでした。

信念のもと教師という立場を捨て、行動に移したのですexclamation×2すごいあせあせ(飛び散る汗)

先生のお話は、今回の福島事故の詳しい解説、東海地震の解説、それを受けての浜岡原発の危険性などのお話でした。

初日は、実行委員会終了後、居酒屋で交流会ビール
二次会はカラオケで盛り上がりましたカラオケ
今の若い子たちは、みんなとにかく歌が上手いねわーい(嬉しい顔)

二日目は、講演の感想を言い合い、その後に、今回のつどいをどういったテーマで行うかを話し合いました。

結論から言うとテーマは「原発」

東海北陸地方は原発の多い地域でもあるし、今こそ原発について考える必要があると全員一致で決定しました。

その後みんなで、原発に対する考えをディスカッションしました晴れ

出てきたキーワードは「安全とは」

一体誰のための安全なのか。原発があることで、おびえて暮らす人、原発があることで生活が成り立っている人、
国にとって原発があることで保たれる安全、原発の安全性は今後も増すのか、人が管理する以上、完全な安全はないのではないかなど…。

東海北陸医学生のつどいの最初の議論として、とても考えさせられる、いい議論になったのではないかと思います。

次回は12月3日、4日でするんるん

日常の生活の中で、原発について考えることはそう多くないと思います。
しかし、、今福島での事故を受けて、みんなが原発について考える、そんな時代になったのではないかと思います。

私も、何のための原発なのかを考え続けていきたいと思いました。


posted by 医学対 at 12:16| 三重 ☁| Comment(0) | 企画紹介・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

津生協病院院内学習会のお知らせ


来週ある津生協病院院内学習会をお知らせします。

9月29日(木)17:00〜 津生協病院2階リハビリ室にて

偽膜性腸炎(抗生剤関連腸炎)について 講師:宮崎医師、山本医師


9月30日(金)17:00〜 津生協病院4階会議室にて

嚥下障害について 講師:米田言語聴覚士

医学生の参加もOKですぴかぴか(新しい)参加を希望される方は、ご連絡下さいるんるん
posted by 医学対 at 08:40| 三重 ☁| Comment(0) | 企画紹介・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医学生ミーティングのお知らせ


今月の医学生ミーティングひらめき

9月27日(火)18:00〜 江戸橋分室にて

学習テーマは「原発について考える」です。

原発問題は、皆さんの生活に良い面でも、悪い面でも関わってくるものです。
今だからこそじっくり考えてみたいと思いますひらめき

参加できる方は連絡下さいわーい(嬉しい顔)

posted by 医学対 at 08:31| 三重 ☁| Comment(0) | 企画紹介・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

終わりました。

民医連トークセッション、大盛況のうち終了しました!来てくれた学生さんは30名弱、本当にありがとうございました!!
各講師の先生のすばらしい話術であっという間に時間が過ぎていました。
自分自身が身を乗り出しながら聞けた内容でした。

ビュッフェの料理もおいしかったですね。
21時に終了の合図があった時には「え、もう!?」と思っちゃいました。

これからも色々企画していきたいと思いますので、もしアイデアがあったら教えてください。

流した動画の一部です・・・
トークセッション動画キャプチャ.jpg

二次会も楽しかったなぁ。

(担当・K)
posted by 医学対 at 22:33| 三重 ☔| Comment(0) | 企画紹介・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

民医連トーク・セッション

あしたです!!
トークセッションポスター.jpg
posted by 医学対 at 21:37| 三重 ☔| Comment(0) | 企画紹介・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

民医連説明会(第2報)

先日お伝えした
オール民医連による民医連説明会
〜全国にある民医連の医師たちが三重に集結!〜
の、講演していただく先生が決定しました!

と、その前に会場ですが

とき:2011年3月5日(土曜日) 17:30〜
場所:ホテルグリーンパーク津6階 藤・萩の間

です。津駅より徒歩1分。来やすいですね。

さて、先生ですが・・・

全日本馬渡耕史先生鹿児島・鹿児島生協病院 小児科中川 元先生大阪・耳原総合病院
精神科渡邉貴博先生岐阜・みどり病院 家庭医西尾大樹先生岐阜・みどり病院
救急小玉祐介先生愛知・協立総合病院    

に決定しました!

さぁ、手帳の3月5日の欄に予定入れておいてくださいね!
posted by 医学対 at 16:33| 三重 ☔| Comment(0) | 企画紹介・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする