2018年09月13日

9月の全職種学習会

みなさんこんにちは。
本日は第2木曜日ということで、津生協病院の全職種学習会が行われました。

毎回、多職種と医師からそれぞれ1演題ずつを発表してもらうことになっているのですが、
今日は8月に広島で行われた、原水爆禁止世界大会(通称:原水禁)に参加した職員からの報告と
宮田智仁医師による、「運動処方外来」について発表をしていただきました。

原水禁に参加した職員からは、実際に広島で被爆した方のお話や被爆地・広島の遺構を巡った際の感想が聞かれ、8月6日の広島だからこその空気を体感してこられたようでした。私自身も2年前に研修医の先生と参加しており、毎年の報告を聞いてその時を思い出しています。
「いのち」を簡単に奪ってしまう戦争に、医療者としてどう向き合うのか、原水禁に参加したこメンバーだけでなく全体で捉えていかなければなりません。
IMG_-g4sv33.jpg

もうひとつは、9月から宮田医師が新たにスタートされた、運動処方外来についてです!
実は9/4スタートのはずが、この日に台風が直撃してしまったため1回目は延期になってしまいました(・・;)
今回は病院の職員に向けて、運動処方外来の概要と取り組みについてお話をしていただきました。
私は以前、保険大学の方でお話を聞いたことはあったのですが、初めてお話を聞く職員からは、たくさんの質問が。
現在は宮田医師主導で行っている段階ですが、生活習慣病にも関係してくることもあり、管理栄養士などの多職種も交えてもっと発展させていけないかという意見も出ました。
今月はいよいよ外来が動き出したところですので、また定期的に宮田医師に様子を聞いてみたいと思います!
IMG_ci8ywm.jpg

来月は、当院の初期研修1年目の医師と緩和ケアグループの方からの発表があります。
もし興味のある学生さんは、医学生担当事務まで気軽にお声かけください。

そが




posted by 医学対 at 16:40| 三重 ☔| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。