2018年09月12日

つながり

みなさんこんにちは。
すっかり気温も下がり、秋らしい気候になってきましたね。
私自身が風邪をひいてしまったので、えらそうなことは言えませんが(笑)
寒暖差も出てくる時期ですので、体調にはお気をつけください。

私たち医学生担当者は先週土曜日の三重民医連事務交流集会、昨日行われた東海4県の医学生担当者が集まる会議にそれぞれ参加してきました。
日常の中で医学生との関わりが多いのはもちろんですが、同じ職種の仲間ともつながりを強くしていこうということで、同じ県内はもちろん、東海・北陸地区、さらには全国の職員と定期的に顔を合わせる機会があります。
以前のブログで、「地域に顔見知りの方が増えることでこの地域がさらに好きになりました!」と書いたことがあるのですが、県内だけにとどまらず、全国にいろんなことを話せる仲間ができつつあることを嬉しく思います。
これは事務職員だけでなく、医師であったり、看護師であったり、リハ、介護などなど様々な職種でいろいろな機会が設けられているのが民医連らしさなのかなとふと気づかされました。

今月末には、「子どもの貧困」をテーマに医学生のつどいが開催されます。
全国の仲間と顔を合わせて、どんな話が聞けるのか、真面目な話もふざけた話もできるの、いつでもそのようなつながり・土壌があることを知ってもらいたくて今回はこんなお話をさせて頂きました(^^)

そが


posted by 医学対 at 17:14| 三重 ☔| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。