2018年04月03日

初期研修医週間振り返り(外科)

西井研修医2年目

・週間スケジュール
月…AM:外来 PM:手術、病棟
火…AM:外来 PM:病棟、褥瘡回診 夜間:夜間診
水…AM:手術、病棟 PM:手術、病棟
木…AM:外来 PM:病棟、残り番、教育カンファ
金…AM:外来 PM:緩和ケア検討会、振り返り 夜間:夜間診
土…AM:QQ当番補助 (週休日あり)

・その他の予定
4月3日(火)研修検討委員会
4月12日(木)全職種学習会
4月18日(水)14:00〜平和初期研修
4月29日(日)〜30日(月)ACLSセミナー@京都

【3月23日分】
・1週間を振り返って
外来・病棟でそれぞれ褥瘡処置を経験し、病棟では陰圧交換にも立ち会った。
抜糸、胼胝の処置を実際に経験。胼胝処置はある程度できそうだと感じた。時間外対応で、縫合も経験したが見ているだけとは全然違い難しかった。
今朝ルンバールを経験したが、外してしまった。
病棟で糖尿病のある蜂窩織炎の患者さんを受け持ちしている。加藤先生のコンサルトしながら治療している。内科と外科両方の主治医がいる場合の難しさが分かった。抗菌薬現在4日目で終了とした。
(行俊Dr.より)糖尿病があって、足の状態も元々良くない。ぱっと見の蜂窩織炎が収まっていても、最低2週間は続けた方が良い。→全然そのような考え方をしておらず、上級医の言われるままにすれば良いと思っていた。勉強します。

・指導医より
あとは実践を積みながらディスカッションして、コツを学んでいただければ。薬をなるべく覚えて、引き出しを多くしていくと良いと思います。ただ覚えるのは難しいので、症例を通して覚えていくように。外来見学もただ見ているだけだと得られないことも多いので、1対1で任されている感覚で「自分だったらどうするか」という視点で見てみてほしい。初期研修は始まって約1年が経って、患者さんとのコミュニケーションも当初と比べるとわかりやすく、ぎこちなさなくできるように成長されたと感じる。西井先生は患者さんにもスタッフにも色々な気配りができるところが良いところ。

posted by 医学対 at 15:05| 三重 ☀| Comment(0) | 読んでほしいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: