2017年09月08日

初期研修医週間振り返り(内科)

西井研修医1年目

・週間スケジュール
月…朝:早朝採血、AM:QQ当番補助、病棟 PM:QQ当番補助、病棟
火…AM:QQ当番、病棟 PM:ROUNDカンファ、夜間:胸部XPレク
水…朝:PCLS、AM:OPE(挿管)、健診XP読影 PM:QQ当番補助、病棟
木…朝:PCLS、振り返り、AM:腹部エコー PM:内科カンファ
金…朝:抄読会、早朝採血 AM:QQ当番補助、病棟 PM:QQ当番補助、病棟、夜間:ECG・臨床推論
土…AM:1.3.5外来予診 (2.4週休)

・その他の予定
10月19日(木)14:00〜 保健大学講義
10月27日(金)-28日(土)臨床研修交流会 ポスター抄録提出
11月  4日(土)BLSヘルスケアプロバイダコース
11月10日(金)-11日(土)東海北陸地協SDH症例検討会
11月26日(日)三重民医連学運交
11月29日(水)13:00〜16:30アンダー3000訪問調査

【9月7日分】
・1週間を振り返って
一昨日、東海北陸研修医振り返りで他院の研修医の話を聞いた。どの先生も救急外来をされているが、上級医から「〇〇(疾患名)だから」と病名をある程度教えてもらってから診て、入院か帰宅かまで判断して指導医に確認するとのこと。私が病名を言われて患者さんを引き渡されたら何も考えずに受け入れてしまいそうです。これまでのQQで上級医から疾患の答えを言われたこともなく、最初から最後まで臨床推論をさせてもらえているのでありがたい。今の段階で自分は現場での臨床推論・対応はできないので、中野Dr.と行俊Dr.から毎週金曜日に教えてもらっていること、考える機会を与えてもらっているので、完全に一人になったときに向けて積み重ねていきたい。
エコー、職員に当てさせてもらった後、附属診で健診の方に当てました。健常な若い方だと少し出せるようになってきましたが、高齢者や患者さんは描出しにくい。特に膵臓は出しにくいです。
CVの経験は詰めていて、これまでより手技はスムーズのできるようになってきた。スキルのことばかりに気がいっていたので、清潔にも気を配って留置後も感染などないようにしたいと思います。
入院患者さんは比較的安定しています。不安感が強い患者さんで、話をしながら薬の量を減らしたり、また戻したりしています。不安というのもその方の症状だと思うので傾聴が大事だと実感しています。
昨日挿管をした。見える状態にしてもらってそこから管を入れさせてもらうという段階から始めさせてもらっている。

・指導医より
夏休みもあって患者さんが少し減ったのでこれからですね。また研修医手帳みせてください。レポート症例当てていきたいので。

posted by 医学対 at 12:01| 三重 ☁| Comment(0) | 研修医のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: