2017年08月18日

初期研修医週間振り返り(内科)

西井研修医1年目

・週間スケジュール
月…朝:早朝採血、AM:QQ当番補助、病棟 PM:QQ当番補助、病棟
火…AM:QQ当番、病棟 PM:ROUNDカンファ、夜間:胸部XPレク
水…朝:PCLS、AM:OPE(挿管)、健診XP読影 PM:挿管手技、レントゲン
木…朝:PCLS、振り返り、AM:腹部エコー PM:内科カンファ
金…朝:抄読会、早朝採血 AM:QQ当番補助、病棟 PM:QQ当番補助、病棟、夜間:ECG・臨床推論
土…AM:1.3.5外来予診 (2.4週休)

・その他の予定
9月5日(火)東海北陸研修医振り返り・行動科学学習会
10月19日(木)14:00〜 保健大学講義
10月27日(金)-28日(土)臨床研修交流会 ポスター抄録提出
11月10日(金)-11日(土)東海北陸地協SDH症例検討会
11月26日(日)三重民医連学運交
11月29日(水)13:00〜16:30アンダー3000訪問調査
【8月17日分】
・1週間を振り返って
これまでの患者さんは、確定診断がついていたり、ある程度病名が推測できる方が多かったのですが、最近あててもらった患者さんは、低ナトリウム血症・低カリウム血症の患者さんで、その原因がはっきりわからず、改めて病名を確定するのは難しいと実感しています。また、血液検査のデータが悪くても、本人の症状に表れていなければ見過ごしていたが、宮田Dr.に自覚症状がなくてもなぜデータがよくないのか原因を探すことも必要と指摘され、患者さん本人の症状でしか見ていなかった部分もあったので気をつけなければと思いました。検査データについても、単に数値が基準値から外れているかどうかでしか見ていなかったのでデータの見方を確認したいです。正常範囲に関わらず拾うデータ・捨てるデータの判断は、まだ自分ひとりで判断をつけることはできないので上級医に指示を仰ぎたい。
QQ、今週はウォークインの方が1名来られました。吉川Dr.につかせてもらったので、その下で基本的な手技は経験しました。対応やマネジメントについては、私自身がその場だと慌ててしまうこともわかってもらっているので、金曜の臨床推論・ECGの時間に、机上や紙面でその場に即した内容でQQの基本的なことを中野Dr.や行俊Dr.に教えてもらっている段階です。

・指導医より
エコーについては、PCの画面上にメモを表示して呼んでもらえるようにしましょうか。
どの異常値が患者さんにとって重要なのか経験しないとわからない部分もあると思います。その点意識してやると、早く自分のものにできますよ。逆に正常値でも気をつけないといけない時もあるので、常に病態を考えながらやるとそういうこともでてくるかもしれません。
臨床研修交流会のポスターセッション、テーマ自体はあれでいいと思いますが、内容をどうプログラミングしていくか、デザインの部分勉強できたらいいなと思います。棚橋Dr.のカウンセリングは協立救急研修の打ち合わせと同日にすることにして、11月頃に設定しましょう。
posted by 医学対 at 14:32| 三重 ☔| Comment(0) | 研修医のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: