2017年08月03日

高校生WEEKA

みなさんおはようございます。
先日のブログで曽我さんが今週は「高校生WEEK」!!と言っていましたが、まさにそんな感じで、昨日はいくわ診療所(四日市市生桑町)に高田高校医療講座の受講生さん2名がFW(フィールドワーク)にこられました。午後から、訪問診療を見学させていただきました。加藤文人医師・看護師さんと一緒に車で、約2時間かけて4名の患者さんのご自宅に伺いました。見学前に、今日はどういうところを見学したいですか?と質問してみると、「医師と患者さんのコミュニケーションについて見学したいです」、「そもそも訪問診療で医師がどんな事をしているのか見たいです」、「患者さんの生活を、どのようにして関わって支えているのか知りたいです」などなど...、この間、4月からスタートしてきた医療講座で学んできたことを、自分に中で整理し、自分の言葉で語っている姿に、本当にすごいなあ〜思いました(^-^)

加藤医師からは、訪問診療について、自分自身が地域の中で行ってきた医療のスタンス、昨今の医療について、2025年問題等多岐にわたるお話をしていただきました。今年の医療講座のテーマが昨年に引き続き、「地域包括ケア」という事もあり、加藤医師の話を聞きながら、2名の受講生も聞いた事があるキーワードが出てきていたので、頷きながら聞いていました。すごいですね。

今日は病棟見学で2名が津生協病院にFWに来ています。そしてあすは、夏の医療セミナー4日目(最終日)です。いろいろな企画を通じて、たくさんの高校生の方に会う事ができ、私自身も日々、刺激をもらい、勉強させていただいています。高校生のみなさんの夢を叶えるため、微力ではありますが、全力でサポートしていきたいと思います。あす、参加されるみなさん、気をつけて津生協病院までお越し下さい!お待ちしております。
神保
posted by 医学対 at 10:51| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: