2017年07月03日

初期研修医週間振り返り(外科)

奥村研修医2年目

・週間スケジュール
月…AM:外来 PM:手術、病棟
火…AM:外来 PM:病棟、褥瘡回診、勉強会 夜間:夜間診
水…AM:手術、病棟 PM:手術、病棟
木…AM:外来 PM:病棟、残り番、教育カンファ
金…AM:外来 PM:緩和ケア検討会、振り返り 夜間:夜間診
土…AM:QQ当番補助 (週休日あり)

【6月30日分】
・1週間を振り返って
先週、緩和医療学会に行ってきましたが、非常に参加者の多い学会で、ワークショップの予約など、スケジュールを決めてから行くべきでした。肺がんや乳がんの患者さんを経験して、呼吸困難、自壊創・表皮トラブルな話など聞くことができた。遠からず近からず同じような医療それぞれの病院でできることをやっている印象を受けた。Nsをはじめコメディカルの人たちが熱い気持ちで臨まれていた。必ずしも医師というわけではなく、患者さんと上手くコミュニケーションを取れる人が緩和チームの中心にいるべき、という話が印象深かった。外科では小外科的な処置をいろいろ見れた。胃がんやヘルニアのOPEにも入りましたが、麻酔科研修の時より術野に近づいて見れたので印象が違った。外科の教科書的なものを読んだのですが、外科医が気をつけていることに触れられて新鮮でした。

・指導医より
病棟業務が多かったので忙しくやってもらえた。胃がんのOPE記事書いて小坂医師とディスカッションしてもらえた。胃の全摘と胃切の2件はあったが大腸がなかったのが残念。カルテ記載・投薬は任せきりでもいいぐらい完璧。こちらが教えてもらうこともあった。

それなりにいろいろ見てもらえたと思います。後半になってくると繰り返すことになる中で奥村先生は興味をもって主体的にやってもらえた。

7月からは三重病院での小児科研修が始まっています。




posted by 医学対 at 10:31| 三重 ☔| Comment(0) | 研修医のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: