2016年07月26日

高田高校FW 〈医師・リハビリ科密着グループ〉

今日は津生協病院で午前中に高田高校の生徒さんのFWがありました。
以前からお伝えしている医療講座の一環です。

医師に4名、リハビリ科に2名、計6名の生徒さんが事前に考えてくれたアンケートを元に話を聞いていた姿が印象的でした。
私は主にリハビリ科の生徒さんと一緒に回らせてもらいました。
2人ともメモを取りながら、時には思いついた質問をリハビリ科の人に聞いていましたね〜。
約1時間のFWが終わってから、とある理学療法士さんに「2人も始まった時と顔が違うね」と言われていて、彼らにとって充実した良い経験になったのかなと思います。

最後は6人全員で2年目の研修医と話をしました。
今回のFWで6人が感じたことはそれぞれだと思いますが、この経験を9月の発表はもちろん、これから先自分が医師になった時にも繋げていって欲しいと思います。

DSC_0362.JPG
終わりに全員で一枚♪
いい写真ですね。
残りのFWもがんばりましょう!

曽我


posted by 医学対 at 16:06| 三重 ☔| Comment(2) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
FWって、なんですかぁ〜?
Posted by ぴ at 2016年07月26日 17:07
コメントありがとうございます。
FWとはフィールドワークのことです(^▽^)/
ひとつのテーマについて座学だけではなく、関係する現場に行ってインタビューやアンケートなどを通して学びを深めることを言います。
今回の医療講座では、「地域包括ケア」をテーマにこれまで座学を中心に学んできました。その中でも特に多職種連携に焦点を当てて、高校生が選んだ場所を訪れています。
Posted by 曽我 at 2016年07月27日 14:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: