〜まずは研修医のご紹介♪〜 

高塚淑子 研修医   TOSHIKO Takatsuka


滋賀医科大学 

津生協病院にて現在初期研修2年目

趣味はバラの育成、刺繍。

好きな食べ物はスイーツ、すき焼き。

嫌いな食べ物はなし。

チャームポイントは刺繍から哲学まで,興味や経験値の幅が広め。

当院を選んだ理由は、研修内容が素晴らしい。


※初期研修医の振り返りを、当ブログの「研修医のこと」カテゴリに一覧としてアップしています。そちらもあわせてどうぞ

2019年04月15日

2週間の実習が終了しました!

おはようございます。
桜の木も花が散っているものが目立つようになってきました。
昨日は雨も降りましたが、これからいよいよお出かけに適した季節になってくるので、楽しみです。

さて先週の金曜日まで、三重大学6年生の医学生さんが家庭医療実習の一環として2週間当院に来てくれていました。
振り返りでは、「家庭医療を選択して訪問診療やMSWなどの意味をすごく感じた2週間だった」「これまでの実習では見えなかったような、生活面を見れて、家庭医療が必要な分野だと感じた」という感想をもってくれたようでした。

6年生は4月から8月の頭まで、2週間ないし4週間で自分の選択した科を実習で回り、その後卒試・国試と続いていきます。
現在の最大の目的は来年の2月に行われる国家試験に合格し、医師人生をスタートさせることだとは思いますが、今この時期に私たちの行っている医療に触れてもらい、そこから少しでも家庭医療の魅力や誰のために医療をするのかという学生さんなりの視点を育んでもらえるよう改めて考えることができる機会でした。

2週間お疲れさまでした!引き続き実習がんばってください。

そが


posted by 医学対 at 11:19| 三重 ☁| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。