〜まずは研修医のご紹介♪〜 

高塚淑子 研修医   TOSHIKO Takatsuka


滋賀医科大学 

津生協病院にて現在初期研修2年目

趣味はバラの育成、刺繍。

好きな食べ物はスイーツ、すき焼き。

嫌いな食べ物はなし。

チャームポイントは刺繍から哲学まで,興味や経験値の幅が広め。

当院を選んだ理由は、研修内容が素晴らしい。


※初期研修医の振り返りを、当ブログの「研修医のこと」カテゴリに一覧としてアップしています。そちらもあわせてどうぞ

2019年01月09日

1日医師体験、全日程が終了!医学生と再会☆

みなさんこんにちは。
年末年始の休みが明けて、昨日から学校が始まった人もいるのではないでしょうか。
津生協病院では、昨年末から受け入れてきた、高校2年生冬の1日医師体験が1月7日をもって無事、全日程終了となりました。
計4日間行われた、この高校生向け企画には46名の高校生が参加してくれ、みなさんそれぞれの日で、血圧測定・聴診・問診体験、病院内の各科見学、医師の業務同行などに楽しく・真剣に取り組んでくれていました!

高校生のみなさんから頂いた感想の一部をご紹介♪
●病院内の各科見学はいかがでしたか?
・放射線科と栄養科は見学したことはあったけど、MRIで磁力の強さを体感したり、ペースト状の食事をいただいたのは初めてだったし、リハビリ科・検査科は初めてだったので楽しかった。
・医学科だけではなく様々な学科から医療に関わる職業に就いている人も病院内には多くいて、それぞれが患者さんのために全力でいる様子が見れていい刺激をもらえました。

●医師の病棟業務同行はどうでしたか?
・医師・理学療法士・栄養士さんのカンファレンスに同席させていただきましたが、全く知らないことばかりで、こんなこともやっていてこんな話をしているのかととても楽しかったし勉強になった。改めてチームワークが大切なんだと思った。
・言葉遣いや接し方すごく優しくて、聞こえやすいようにはっきり、ゆっくり話してくださり、説明が分かりやすかった。回診の際にも1人1人に対して行うことはバラバラでどんな状況にも対応できる切り替えの早さが大事だとわかった。

現在、高校生1日医師体験の感想文集を作成中です。
参加されたみなさんのお手元に届くまで少々お待ちください。

また1月7日にも医学生アドバイザーが1名参加してくれました。
その医学生さんも2年前に高校生1日医師体験に参加してくれ、昨年無事医学部に合格。
今回医学生アドバイザーのお願いをしたところ、快く引き受けてくれ、授業終わりにかけつけてくれました。
アドバイザーとして高校生からの質問に答えてくれていたのですが、「面接の対策はどうしていましたか」という質問に、「もちろん学校でも練習したけど、3年生の時に生協病院の医療セミナーに参加したことが大きかった」という私たちにとっては最高の褒め言葉になる回答が(笑)
医療セミナーでの経験や、そこでの出会いが彼の受験にとって多少なりとも良い影響になったようで、改めて嬉しく思います。
7日に参加してくれた彼だけでなく、過去に高校生企画に参加してくれた学生さんが、アドバイザーとしてこの場に戻ってきてくれたんだなーと感じる機会も増えてきました。
センター試験本番も近づいてきましたが、ひとりでも多くの受験生が自分の夢に近づけますように。
微力ではありますが応援しています!

そが

posted by 医学対 at 16:08| 三重 ☔| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする