〜まずは研修医のご紹介♪〜 

高塚淑子 研修医   TOSHIKO Takatsuka


滋賀医科大学 

津生協病院にて現在初期研修1年目

趣味はバラの育成、刺繍。

好きな食べ物はスイーツ、すき焼き。

嫌いな食べ物はなし。

チャームポイントは刺繍から哲学まで,興味や経験値の幅が広め。

当院を選んだ理由は、研修内容が素晴らしい。




西井裕美 研修医   YUMI Nishii


岐阜大学 

津生協病院にて現在初期研修2年目

趣味はカラダを動かすこと。

好きな食べ物は何でも!!

嫌いな食べ物は炒めたピーマン。

チャームポイントはガッチリ、筋肉質なところ。

当院を選んだ理由は、尊敬する先輩医師のもとで学びたいと思ったからです。




※初期研修医の振り返りを、当ブログの「研修医のこと」カテゴリに一覧としてアップしています。そちらもあわせてどうぞ

2017年03月29日

来週土曜日4/8は新歓企画「能なし犬の高吠えnight」

みなさんこんにちわ。いよいよ来週土曜日4/8は津生協病院presentsの新歓企画!

『能なし犬の高吠えnight』が開催されます!

【新歓企画のお知らせ】
能無し犬の高吠えnight2017(今年で4年目の企画になります)
〜何か行動したいけど 一歩が踏み出せない医療系学生に贈るイベント〜
日時:2017年4月8日(土)18:00-20:00
場所:EBIIRO(津駅東口から徒歩3分)
参加費:新1年生(無料)、上級生(500円)

takeactionをテーマにした医学生向けイベントです。
takeactionをしている医学生が2名スピーチしてくれます♪
イベントが終わったあと、なんか心が踊っているようなそんな2時間をお届けします。
是非、ご参加下さい♪

参加申し込みはこちらから

昨年のイベントの様子です。

IMG_3587.JPG

参加してくれたみなさんにとって、HAPPYで刺激的な1日となるよう準備すすめていきます。みなさんの申し込み・参加お待ちしております。
神保
posted by 医学対 at 14:48| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医学生のつどいin山梨に参加して


みなさんこんにちわ。久しぶりのブログになります。

先週は3/23日(木)〜25(土)の3日間、【全日本民医連医学生のつどいin山梨】に行ってきました。全国から300名を超える方が参加しました。参加された方たちは、医学生、医師や研修医、他職種、医学生担当事務、共同組織(組合員さん)の方たちです。三重からは、三重大新1年生1名、助言者として組合員さん1名、診療所事務1名、私と曽我さんの合計5名が参加しました。今回のつどいのテーマは「いのちの平等」です。


あなたが考える『いのちの平等』とは?なんですか。


私自身、山梨に行くのがはじめてで、行きの電車もテンション高めでした♪普段見慣れない景色にも大満足でした。途中、山頂の方に雪が積もっている景色も見ることができました。結構風情があって好きな景色でした。今回3日間の会場となったのが、山梨県石和温泉旅館「華やぎの章 慶山」という旅館でした。玄関には歓迎という立て看板もありました。ありがとうございます。

IMG_20170324_055438_20170329135427.jpg

3日間、もちろんたくさん学習しました。「いのちの平等」とは?について講演、グループに分かれて(1つのグループに10人くらい)のスモールグループディスカッション(SGD)、夜の交流会等、とても充実した内容となっていました。ちなみに、夜のご飯はこんな感じです。とっても美味しかったです。これもつどいの魅力のひとつだと思います。

DSC_1226.JPG

修学旅行みたいで、とっても豪華なご飯に、私も医学生さんたちも喜んでいました(^-^)



今回つどいに参加して、私自身一番印象に残ったのは、1日目の学習講演でした。1日目の柳沢先生(石川県・城北病院副院長)の講演を楽しみにしていた医学生さんも多く、「笑って死ねる病院」や「Medi-wing」の宣伝効果もあったのだと思いました。私自身も講演をとっても楽しみにしていました。いのちに寄り添うこと、それは患者さんに寄り添うこと(日々の診療は患者さんに寄り添って、患者さんに寄り添うこと命に寄り添うこと、人権を守ること)とお話されていました。

また、3つの事例を通じて具体的に医師として患者さんにどう寄り添ってきたのかについてもお話がありました。その中で、いのちと健康を脅かすものとして「SDH」(Social Determinants of Health 健康の社会的決定要因)の考え方が示されました。日本は資本主義社会の中で、グローバル競争が進み、人命軽視、生活無視が起きていると思います。いま、日本はどういう方向に変えられようとしているのかについても安倍総理施政方針演説を出しながらお話されていました。

また、世界の流れとしてブリジット・トエベス教授(WHO)、傾向と課題(人口の高齢化、「健康格差」の拡大、ヘルスケア費用の高騰、ヘルスケアの商業化)、マイケル・マーモット医師(世界医師会会長)のお話をされながら、「SDH」について深められるような時間となりました。

多くの医学生さんが医師は病気を治すことが役割と思っていたと思いますが、今の時代、それとあわせて医師に必要となってくるのが、目の前の患者さんを医学的な面からだけでなく、社会的な側面からもみていく事、その事の大切さを共有する事ができたと思います。事例やSDHという考え方を通じて、「いのちの平等」とは?について考える機会となったつどいでした。

つどい基調報告、アピール文にこのような文章があります。(以下抜粋)

【今、社会は大きな転換期をむかえています。私たちは、社会の動きに対して無関心でいることは出来ても無関係ではいられません。憲法や平和、いのちを脅かすものについて国民一人ひとりが考え、声を上げていく必要があります。民医連は、「いのちの平等」に基づて無差別平等の医療を実践しています。将来医師になるものとして、医師に求められるもの、患者さんのための医療、民医連の役割、いのちが平等な社会について学生のうちから考えることが重要です。】

【このつどいをきっかけに、生活に関わる様々な社会問題に関心を持ち、自分には何ができるのか考え続けましょう。】

とありました。これからも、分室活動や医学生のつどい等を通じて、多くの医学生とこの事について学習やディスカッションを行っていきたいと思います。次回、つどいに参加してみたい医学生さん募集中です!また日程決まったらお知らせします。
神保
posted by 医学対 at 14:16| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

初期研修医週間振り返り(地域医療)

行俊研修医2年目

・週間スケジュール
月…AM:QQ当番、病棟、PM:訪問診療
火…朝:振り返り、AM:QQ当番、病棟、PM:ROUNDカンファ
水…AM:QQ当番、病棟、PM:訪問診療
木…AM:白塚 PM:内科カンファ
金…朝:抄読会、AM:QQ当番、病棟、PM:病棟、夜間:白塚
土…AM:病棟 (週休日あり)

・その他の予定
4月13日(木) 多職種症例検討会

【3月21日分】
・今週を振り返って
病棟・救急ともに感染対策の大切さを改めて感じた。
白塚診療所から入院になった患者さんがみえ、初期段階での感染確認が抜けてしまった。診療所でできる検査を入院時オーダーに入れてしまったと気づいたので、意識していきたい。
診療所も往診も、その場の限られた資源の中で治療をするのは難しい。往診では特に身体所見がほとんどになるので、本人から話を聞いたり、また、家族さんからの情報がとても貴重だと気づいた。
・指導医より
感染対策大事だなと思いました。4月の症例検討会のテーマにしてみたらどうでしょう?接触者健診や入職者健診はどうなっているか、どうすべきか、接触した人にはどうするのかなど、皆で振り返り&検討する題材としてはどうでしょうか。
今回は入院患者さんで治療が難しい方が見えますが、スムーズにいかないときこそ、ご家族との連絡を大切にすると良いです。医療者側も試行錯誤していることを伝えないと、後で「何をしていたんだ」となりかねない。順調なときよりも、困難なときのコミュニケーションが重要です。
posted by 医学対 at 11:54| 三重 ☔| Comment(0) | 研修医のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

医学科合格者祝賀会

みなさんこんにちはー!
かなり間が空いてしまいました……
すいません💧

今は全日本医学生のつどいに参加しているため山梨県に来ています(*´ー`)
新1年生の子も一緒に参加してくれていましたが、用事のため朝近くの駅まで送り届けてきました。
この様子はまた後日投稿したいと思います!

さて水曜日の話です。
以前からお知らせしていた通り、江戸橋分室にて、医学科合格者祝賀会を行いました(*^^*)

DSC_1219.JPG
今回は手巻き寿司パーティーです✨
サーモン、マグロ、きゅうり、チーズ、納豆などなどたくさんの具を準備しました。
先輩と新1年生合わせて12人の参加です。
1490319285561.jpg
1490319284035-3b6f7.jpg
みんな思い思いの手巻き寿司を作っていました。
ご飯のあとは、ペアを作ってのゲーム。
あるお題に対して2人で答えを合わせる連想ゲームを行いましたよ。
簡単なものからなかなか難しい問題まで計10問行いました♪
思っていた以上に盛り上がってくれて担当者としては嬉しい限りでした☆

最後はみんなでケーキタイムです!
1490319282575.jpg
DSC_1223.JPG
楽しい時間を過ごせました^^*

次の分室昼食会は4/5(水)12:00〜です!
みなさんのご参加お待ちしております☆

曽我
posted by 医学対 at 12:23| 三重 ☔| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

初期研修医週間振り返り(地域医療)

行俊研修医2年目

・週間スケジュール
月…AM:QQ当番、病棟、PM:訪問診療
火…朝:振り返り、AM:QQ当番、病棟、PM:ROUNDカンファ
水…AM:QQ当番、病棟、PM:訪問診療
木…AM:白塚 PM:内科カンファ
金…朝:抄読会、AM:QQ当番、病棟、PM:病棟、夜間:白塚
土…AM:病棟 (週休日あり)

・その他の予定
3月20日(月・祝)MMC研修病院合同説明会
4月13日(木)多職種症例検討会

【3月14日分】
・今週を振り返って
病棟、発熱で入院された患者さんがみえる。原因など難しいが、自分なりの予想を立てて、日常困っていることを聞くようにした。身体を触ったりすることも大切だと感じている。入院中に起こったことをある程度まとめられたら退院までの道筋が立てられるかなと。少しずつ前進していると思います。
白塚では、再診の患者さんを診るのに慣れていないと感じた。検査等限られた環境でやっていくことに慣れず、患者さんのためというより自分のために検査をしていたんだなと思った。できることが限られるので患者さんの話をよく聞くようにしている。足の浮腫みで来ている患者さんに対して、利尿薬を増やすか生活習慣を改善するか、本人と話した上でまずは1週間食事改善をすることになった。あとは、自分でレントゲンを撮らなければいけないが、難しくて最初は5回ぐらい失敗してしまった。日ごろ技師さんに撮ってもらえるのがありがたいと感じた。提出物は一通り終わった。
日曜日のポートフォリオ報告会、ポートフォリオがどういうものか想像がついた。それまでは提出物という感じがしていたが、日々の診療から心がけて指導医とフィードバックしながら作っていくものだと分かった。
・指導医より
引き続き、自己振り返りができていると思います。白塚診での診察を通して、それまでの検査が自分のためにやっていたこととか。
ポートフォリオは自己学習ツールのひとつとして捉えてもらえたら良いです。田中啓Dr.も帰ってきて教育面も充実すると思うので、しっかり後期研修やっていけたらと思います。4/13の症例検討会、今からでもテーマを決めて、早速ポートフォリオのやり方を取り入れてやると良いです。先ほどの発熱の患者さんで、どういう治療をしたら、どういう経過になるのかまとめても良いのでは。
治療面では、大学Dr.に聞いてみるのも良いと思いますので、まとめてみてください。
posted by 医学対 at 12:08| 三重 ☔| Comment(0) | 研修医のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

沖縄に行って感じたこと


みなさんこんにちわ。
先週は木曜日から土曜日まで2泊3日で沖縄に研修に行ってました。近畿・東海北陸地域で働く民医連事務職員が集まっての研修になります。今回の研修は実際沖縄に行って、「平和」「戦争」「基地問題」について講演やFW(フィールドワーク)を通じて学んできました。私自身は、民医連に入職して12年目。今回で4回目の沖縄となりました。(3年に1回行っている計算になりますね)

1日目
FWでは、嘉数高台公園に行って高台に上がり普天間基地を見ました。遠くからでもオスプレイがとまっているのが確認できました(実際の写真です)。普天間飛行場は嘉手納基地と並んで沖縄におけるアメリカ軍の拠点となっています。普天間基地は宜野湾市の約25%を占めるほどの広さ。また、宜野湾市内には、小中高校と大学が合計18校あり、自治会や保育所などを合わせると120もの「公共施設」があります。米軍航空機の低空飛行と騒音公害で最も危険な小学校といわれる、普天間第二小学校も普天間基地に隣接した場所にあります。実際、2004年には在日米軍(アメリカ海兵隊)のヘリコプターが沖縄国際大学に墜落しました。以後、それ以外にも米兵による事件は相次いで起きています。基地があるがゆえの事件。絶対に許せません。「基地はいらない」、改めてそう強く感じたFWでした。

IMG_20170309_130119_20170313144201.jpg



2日目は、
辺野古の海に行きました。実際に船に乗りました(写真上の船)

IMG_20170310_122830_20170313150631.jpg

船の中から、海底を見ることができました。自然の中で生きる、巨大な珊瑚礁を見ることができました。(写真なので、少し見づらいと思いますが、珊瑚礁本当にきれいでした)

IMG_20170310_124303_20170313151027.jpg

私たちが子どもたち、孫たち、もっと先まで絶対に守りたい辺野古の海とは、いったいどのようなものなのでしょうか。
ジュゴンやウミガメがいる辺野古沿岸や大浦湾。この湾には、大浦川、汀間川が流入し、河口に干潟が広がる。辺野古には沖縄でも規模の大きい良好な藻場があり、大浦湾内には多くの種類のサンゴの生息が確認されています。 砂地にはジュゴンの好物ウミヒルモなどの海草類が藻場を作り、ユビエダハマサンゴの大群落はクマノミなどサンゴ礁生物のオアシスになっています。サンゴ類及びサンゴ礁生態系を構成する生物の多様性が高く、自然保護上きわめて重要な海域であります。 沖縄県が「自然環境の厳選な保護を図る海域」、環境省が「日本の重要湿地500」に指定しています。

国はこの辺野古の海に新基地を建設しようとしているのです。写真にあるフロート(浮具)より奥は埋め立てられる予定の海です。きれいな海を守りたい、自然を守りたい、そういう意味でも新基地はいらないと、FWを通じて改めて感じました。

IMG_20170310_135846_20170313144307.jpg




大交流会

2日目の夜には、国際通りに出てみんなで大交流会をしました。

IMG_20170310_181309_20170313144225.jpg

オリオンビール、泡盛を飲みながら、沖縄の島唄を歌い、踊って、楽しい交流会でした。次に沖縄に来るのはまた3年後かな...。現地沖縄に来て「平和」「戦争」「基地問題」についてしっかり学ぶことができた3日間となりました。講演、FWを通じて改めて、「基地はいらない」「戦争は二度と繰り返してはいけない」「平和の大切さ」を考える機会となりました。分室にもお土産買ってきましたよ。あさって3/15食べてくださいね♪
神保
posted by 医学対 at 16:36| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

傾聴する姿勢

みなさんこんにちは!
なんだかんだで3月も中旬ですね。
大学生なら今頃春休み真っ最中!
私もそんな時期ありましたよ(笑)

ここ最近は高校時代の友人と会うことが多かったんですけど、当時は出来なかったような話をたくさんすることができました。
思ってたより深い話もあって、時の流れをバシバシ感じていたところです(笑)
当時は勉強と部活に追われていて自分のことで精一杯でしたが、少し余裕ができたのかなと自分なりに考察してみました。

この人に話してみようと相手に思われるには、話を聞いてくれる、受け入れてくれるという印象が大事だと思います。
もちろん印象だけでなく、相手と対話をしていく上では必要なスキルです。
忙しい時、自分のことでいっぱいいっぱいな時は誰しもあります。
その時聞けなくても、後で気にかけていることを伝えるだけで人の気持ちはずいぶん変わるものです。
医師や事務関係なく、聞く姿勢は大事にしていくべきことだと改めて実感することができた週末でした。

曽我
続きを読む
posted by 医学対 at 14:24| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

6年目の今日

みなさんこんにちは。
今日も爽やかな青空ですね。
風が強いのでお出かけの際はお気をつけて。

朝からどのニュース番組でも取り上げられていましたね。
今日3月11日で東日本大震災から6年が経過します。
皆さんは、あの日のこと覚えていますか?

私自身はまだ高校生。
ちょうど高校入試の関係で部活が早めに終わり、自宅で祖父と母と過ごしていたことをよく覚えています。
震度7という速報が出たとき、「こっちも揺れたでかなりおっきい地震やな」と話してテレビを付けたとき流れてきたのは、漁港に押し寄せる津波の映像でした。
そのときはまだテレビの向こうの出来事だったのかもしれません。

6年経った今も、約12万3000人の方が避難生活を続けてみえます。
その中に、最初から故郷を離れるつもりでいた方はいたのでしょうか?
離れたくないけれど、離れざるを得なかった人
戻りたいけど、未だに戻れない人
苦渋の決断という言葉はよく使いますが、そこに込められた葛藤や苦しみを決して忘れてはいけません。

昨年縁あって、原水禁の広島大会に参加させて頂きました。
そこで、福島第一原発事故で避難されている方のお話しを聞く機会があったのですが、「6年が経とうとしているのに未だ帰れる見込みが立っていないこと」「それに加え、国からの支援金が打ち切られようとしていること」をおっしゃってみえました。

あの日から6年、変わったこと変わっていないこと、進んだこと進んでいないこと、私たちにはまだまだできることがあるはずです。
"続けること""風化させないこと"
未来は自分たちで作り出すものだと、私は思います。

曽我
posted by 医学対 at 13:04| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

初期研修医振り返り(地域医療)

行俊研修医2年目

・週間スケジュール
月…AM:QQ当番、病棟、PM:訪問診療
火…朝:振り返り、AM:QQ当番、病棟、PM:ROUNDカンファ
水…AM:QQ当番、病棟、PM:訪問診療
木…AM:白塚 PM:内科カンファ
金…朝:抄読会、AM:QQ当番、病棟、PM:病棟、夜間:白塚
土…AM:病棟 (週休日あり)
・その他の予定
3月20日(月・祝)MMC研修病院合同説明会

【3月4日分】
・今週を振り返って
病棟の患者さんで1人難航している患者さんがみえる。施設の方におされて入院となったが、入院しない方が患者さんにとって良かったかもと考えることもある。病状的なことや、ADLを考えるとこれまでの施設に戻ることは難しいのではないかと思う。
先週はQQあまり入っていない。白塚診療所の方でも、何人か悩ましい人がいた。病院とは違ってすぐに色々な検査できないので、病院なら検査できるのに…と思うことがあり、自分自身が検査に頼っている部分が大きいと実感している。往診では改めていろいろな人がいるなと感じた。そのときによって違う(それまでにはなかった)訴えがあることもあり、介護者も含めどう支えていくのか難しい。

・指導医より
まずは三重医報の原稿お疲れ様でした。レポート含めてよく頑張ってくれています。体調管理も気を付けてください。
病院と往診の違いや、患者さんだけでなく家族も一緒に支えていかないといけないと行俊先生の口から言ってもらっているので、そういう視点がもてているということで地域医療研修の目的は達成していると思います。あとはそれを踏まえどう実践していくかです。
ずっと病院にいると、いざ患者さんが運び込まれたときに、診療所や往診のかかりつけの先生は何をしていたんだろう、なんでこんな状態になっているんだろう等わからないこともある。診療所・往診の実態を知っていれば、病院で受け入れるときにかかりつけ医の苦労を理解して対応できる。それに気づくことが初期研修の地域医療で求められていることだろうと思います。
posted by 医学対 at 10:07| 三重 ☀| Comment(0) | 研修医のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初期研修医週間振り返り(内科)

奥村研修医(1年目)
・週間スケジュール
月…AM:QQ当番、病棟、PM:QQ当番、病棟
火…朝:振り返り、AM:QQ当番、病棟、PM:ROUNDカンファ、夜間:学習会、ECG
水…朝:PCLS、AM:QQ当番、病棟、PM:病棟、消化器検査
木…朝:PCLS、AM:白塚診療所,PM:内科カンファ
金…朝:抄読会、AM:QQ当番、病棟、PM:心エコー
土…AM:QQ当番、病棟 (週休日あり)

・その他の予定 
3月17日〜18日 全日本民医連研修医セカンドミーティング
3月20日(月・祝)MMC研修病院合同説明会

【2月28日分】
・1週間を振り返って
白塚診療所、検査がすぐできない環境での診察で、所見と問診の大切さを実感し、問診の取り方に意識を向ける良い機会となっている。
土曜輪番当直に入って、救急に来る人はリスクが高いと改めて感じた。病棟・診療所・救急それぞれに患者さんの求めているものも、医療者側が気を付けることも違うので、気持ちと頭の切り替えをしっかりやっていきたい。
レスパイト入院の患者さんの受け持ちをしていて、社会資源についても勉強になった。
MMCの研修医学会では、色々な発表を聞けてよかった。発表の仕方、スライドの作り方など勉強になった。
・指導医より
卒後臨床研修医学会、他の研修医の発表をみて勉強になることが色々あったと思います。発表もお疲れ様でした。
これまでの症例振り返り、考え方はどんどん変わっていきますし、復習するなかで気づくことも多々あると思いますので、ぜひやってください。
麻酔科研修、薬ってすごいなと感じると思います。薬の量次第で患者さんを上手くコントロールしないといけないですし、少ないと十分に効かず、多いと命に係わる。挿管の練習もたくさんできると思うので頑張ってきてください。

3月からは他院での麻酔科研修に入られています。
posted by 医学対 at 09:56| 三重 ☀| Comment(0) | 研修医のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする