〜まずは研修医のご紹介♪〜 

西井裕美 研修医   YUMI Nishii

yoshikawa.png
岐阜大学 2014年卒

津生協病院にて現在初期研修1年目

趣味はカラダを動かすこと。

好きな食べ物は何でも!!

嫌いな食べ物は炒めたピーマン。

チャームポイントはガッチリ、筋肉質なところ。

当院を選んだ理由は、尊敬する先輩医師のもとで学びたいと思ったからです。




竹中さくら 研修医   SAKURA Takenaka

Takenaka.png
三重大学 2016年卒

津生協病院にて現在初期研修2年目

趣味は料理。

好きな食べ物は甘いもの。

嫌いな食べ物はなし!

チャームポイントはもちもちふっくらした所。

当院を選んだ理由は、津生協病院の先生に憧れて入りました。よろしくお願いします。




奧村陽介 研修医   YOUSUKE Okumura

Okumura.png
三重大学 2016年卒

津生協病院にて現在初期研修2年目

趣味はテニス、水泳(趣味にしたい)。

好きな食べ物はみたらし団子。

嫌いな食べ物はホタルイカの酢みそ和え。

チャームポイントはしかめっ面。

当院を選んだ理由は、救急輪番の見学に毎週土曜日の夕方、入らせていただいていました。その時、先生方や看護師、検査技師、放射線技師、事務の方々に優しく色々なことを教えて頂けたことがきっかけです。




※初期研修医の振り返りを、津生協病院HPの研修医のカテゴリに一覧としてアップしています。
そちらもあわせてどうぞ→ http://www.tsucoop.jp/igakuseishitsu/syokikensyu5.html


2016年03月31日

年度末


3月31日です。
明日から新生活がスタートする人がたくさんいることだと思います。


先日29日に名古屋であった会議で、嬉しいサプライズがありました。
実はこの会議への出席が私自身、3月で終了ということで、会議にでているメンバーから色んな激励のプレゼントをいただきました。



20160331_151637.jpg



ま、プレゼントをくれたうちの一人は当日の朝、「何か買っていくよ」って私に連絡くれたんですけどね…。
サプライズ感ゼロッ!! そこは大切にしてよ。笑



20160331_151454.jpg



今回でこの会議への出席が終わるのはわたしともう一人(石川の方です)
二人で記念撮影

別にペアルックじゃないし、合わせたわけじゃないんですけど、たまたま、またこんな珍しい色の服でかぶっちゃいまして。笑える。


この会議は月一回、私たちが加盟する民医連という医療団体に所属している東海北陸地方内の病院関係者が集まってやっていたものです。全国組織である民医連は、横のつながりも強く、県が違っても職員同士がとても仲がいいんです。ま、集まる機会もあるのでね。

若手職員の交流を目的にした集まりなんかもやっていて、新入職員の方はきっとそういう場にも行ってみると職場の不安や悩みなども共有できるし、視野も広がっていいと思いますよ。明日からみえる新入職員の方は是非。若手職員がイキイキと働けるようにそういった機会を設けているんです。
あ、ちなみに私はその集まりで名古屋に行っていたわけではないのですがね。もう、若手とは言えない歳です。笑



ということで、明日は入社式です。新しい生活のスタート。
私も気持ちを新たに出勤したいと思います。
とりあえず、ネクタイでもしめてくるか。笑



いわさき
posted by 医学対 at 15:53| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

共通の話題




きのう、きょうとこの春から医学部に入学する、

新1年生の子が入学前医療体験に来てくれています。

今日は二人の学生さん。



きょうが初対面の二人。

ドキドキ・・・。

4月からは別々の大学に行きます。



しっかり、自己紹介タイムで、仲良くなっていました♪

さすがです。

共通の趣味(部活)があったようで、バスケの話で盛り上がっていました。

緊張していた様子から、笑い声が。

ふわ〜っと緊張がほぐれていました。

共通の話題があると、会話もスムーズに、かつ楽しく話ができますよね(^O^)

コミュニケーション力って大事ですよね。

楽しそうで良かったです。





1日医師に密着ということで、

午前は中野先生に密着しました。

主に救急メインに見学しました(当院の特徴や役割など)



普段見ることができない、救急の現場にドキドキしながらも、

中野先生の話をしっかり聞いて、

いろいろなことを吸収していました。



午後からは宮田先生に密着しています。

主に病棟メインに見学しています。

医学的はもちろん、病棟での患者さんとの接し方(コミュニケーションのとり方)や、

病院での医師としての役割(チーム医療を実践していく上での医師の役割など)、

考え方(人生観)などなど♪

もうすぐ病棟から戻ってくるかな・・・。

感想聞くの楽しみだな〜。



入学前に医療現場を体感することで、

医学を学ぶ上でのモチベーションを高めてもらえたらとっても嬉しいです♪



あすは、学生さん一人が、いくわ診療所での入学前医療体験に来てくれます。

お会いできるのが楽しみです。

神保
posted by 医学対 at 15:23| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

春は近い


16-03-28-22-50-09-904_deco.jpg

ちーん


春は近い



今日は高校生12人が一日医師体験に、この春から三重大医学部に入学する新1年生の子が入学前医療体験に来てくれましたー。


明日もこの春医学部に入学する新1年生の子が二人入学前医療体験に来てくれます。


いやー、もう春ですな。
これから新しい生活が始まる学生さんに元気をもらってます。笑



新年度、何か新しいことを始めたいなって思っている人も多いんじゃないかな。


何かをやる、何か行動するってことは
自分から何かとつながることを意味します。


与えられたレールではなく、自分で作ったレールを走る。その結果、広い世界を知り、これまでに出会ったことのない世界とつながる。

それは、人としての深みになる。


大学生になるみんなへ

take action

世界はみんなが思っているよりずっと広い
これからは自分の足でその広い世界に踏み出そう



能無し犬の高吠えnight2016

日時:2016年4月9日(土)18:00-20:00
場所:cafeミテール(津駅西口から徒歩3分)

takeactionをテーマにした医学生向けイベントです。
takeactionをしている医学生がスピーチしてくれます。イベントが終わったあと、なんか心が踊っているようなそんな2時間をお届けします。



是非、ご参加下さい。
参加申し込みはこちらから


昨年のイベントの様子です。


IMG_20150412_002206.JPG



いわさき

posted by 医学対 at 23:25| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

10日ぶりの更新

完全にブログを更新することをストップしてしまいすみません。
先日、先生に「ブログが完全にストップしとるな」と言っていただきました。(いつもチェックいただきありがとうございます)

この10日間は、とても濃い毎日を過ごしており、私自身様々な学びを経験しました。そこで得た、あまりに膨大なインプットを、たまたま重なりに重なっていた仕事の多忙さが相まって、じっくり考え、自分の中に落とし込むのに時間がかかり、アウトプットができない状態でした。



ということで、10日間のことを一気に報告します。
かなり長いです。暇なときにお読み下さいませ。


3月16日〜17日は東海北陸地協医学生のつどいが開催されました。このブログでも何度も事務局の様子などを紹介してきたあのイベントの本番です。
テーマは「理想の地域包括ケアを考える」。講演やフィールドワークを通して、三重県桑名市の地域包括ケアの実践を見たり聞いたりしました。桑名市は全国でも早い段階から地域包括ケアを実践している市で、全国から様々な分野の方が多数視察に訪れている市です。大きな特徴は、部分的に地域包括ケアに関わる実践をスタートさせているのではなく、一体的に事業を整備し、一斉に始めている点にあります。その地域包括ケアの考え方や、よいところ、上手くいってないところなどを通して、参加者一人ひとりが理想の地域包括ケアとは何かを考えました。

フィールドワーク先としては、桑名市健康福祉部、桑名市中央地域包括支援センター、桑名市在宅医療介護連携支援センター、リハビリデイサービスnagomi、みえ医療福祉生協伊賀町居宅介護支援事業所、連合自治会長さんという6ヵ所に分かれていきました。ご協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

このつどいでは個人的に地域包括ケア考える上でのたくさんの発見がありました。これは一医療者として大きな財産になります。また、市役所の方の率直な意見をフィールドワークで聞けたことも、大きなことでした。


16-03-26-12-02-32-572_deco.jpg


終了後、事務局で。全体の写真はブログに載せる許可とりわすれました。


3月18日は医師国家試験合格発表の日でした。
当院で4月から初期研修を始める予定の6年生の二人からの連絡を緊張しながら待っていました。結果は、見事二人とも合格!さすがです。これでさらに4月が待ちどおしくなりました。笑


3月21日には、MMC合同研修説明会へ出展。当院ブースに来てくれた学生さんは18人ぐらいだったかな。立ち寄ってくれたみなさん、ありがとうございました。
今回はブースのデコレーションを新しくして臨みましたが、、それがかなりの反響で、学生さんにも、「すごい目を引きますね。」と言ってもらえたり、何より他の病院さんのスタッフの方が多数ブースに立ち寄ってくれて、「このポスターすごくいいですね。写真撮っていいですか」と撮影されていきました。笑。来年は、みんなうちみたいなポスター作ってたりして。笑。


3月23日は、分室昼食会でした。春休み中ということで人数は少なかったけど、たまたま参加してくれた子が東海北陸医学生のつどいに参加してくれた子ばかりだったので、思い出話しに花が咲きました。慌ただしい毎日の中で少し力抜いてゆっくりできたいい時間でした。


1458726296353.jpg


それから、この日は国試に合格した6年生が一人病院に来てくれました。短時間でしたがお話できてよかったです。言えない「ごめんなさい」が世の中にはあるという話で盛り上がりました。なんのこっちゃてね。笑


そして、3月24日〜26日は民医連の医療と研修を考える医学生のつどい(全国医学生のつどい)が宮城県松島で開催されました。飛行機久しぶりに乗った。

テーマは「震災から5年」。東海北陸医学生のつどいと同じく、講演、フィールドワークが中心の内容でした。(規模は全然違いますが)
私はフィールドワークで、福島県相馬市、そして、浪江町へいきました。 三重県で暮らす私にとっては
、まるでテレビの世界でした。バリケードが至るところにあり、警備の人が立っている。人は誰もいない街です。本当に衝撃です。ここが今自分が住んでいる街だとしたらと想いを巡らせながら、車窓からその異様な街を眺めていました。自分の故郷を失った人たち、生活を失った人たち、もし、原発事故がなければこの人たちの人生は違うものだったのでしょう。
国の補償だって線引きがあって、補償のある人と、ない人がいる。ある人とない人で目には見えない対立が生まれる。「私はないけど、あの人は補償をもらっている」妬みが怒りへ変わる。本当に怒りを向けるべき相手はそこじゃないのに。原発関連の作業をしている人は、この国のヒーローのはず。でも、ストレスのたまる現場であることは間違いなくって、そうすると、犯罪が増える。元からいる住民は一部の作業員が起こした事件を聞き、作業員は怖いという偏見をもつ。そしてそれは、住民と作業員の間に溝を作る。原発を何とかしようと頑張っているヒーローなのに。本当に悪い相手はそこじゃないのに。


原発事故で避難した人たち、原発周辺に今も暮らす人たちは今、物資や人手の支援ではなく、心の支援を求めています。もう、心はズタズタなんだろうと思う。目には見えない心の傷だらけ。目には見えない人人の間の溝。でも、その傷を見せずに、頑張っている人もたくさんいる。つらい想いを乗り越えたわけじゃなく、隠しているだけのことなんだろうと思う。


私は今回、この縁で浪江町に行き、その近くに住む方のお話を聞きました。この時感じたことを多くの人に伝えることが必要だろうと思います。だって三重にいれば、テレビの世界の話だから。もっとリアルにこの日本で起こっていることを知る必要があると思う。福島は何も復興していなくて、何も終わってない。そして、何の希望もない壊れた原発とこれから先もずっと長い時間をともにしなければいけない。これから先もずっと原発は、ただただ無言で住民を苦しめ続ける。


人には、それぞれの立場や状況があって、原発があることで生活が成り立っている人もいる。だけど、故郷を失うこと、生活を失うこと、安心を失うこと、つながりを失うこと、そして、心を失うこと、そんなことをしてしまうのが原発であることを忘れちゃいけない。


いわさき
posted by 医学対 at 14:44| 三重 ☀| Comment(2) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

社会に目を向けること



昨日の岩崎さんのブログでも紹介があったように、

今日は午後から桑名市に行ってきます♪



「東海北陸地協医学生のつどいin桑名」に参加します。

三重県からも岩崎さん、神保、医学生が3名、初期研修医1名が参加しますよ。

全体では病院スタッフ、医学生で参加者は20名を超えます。



2日間、しっかり「地域包括ケア」について学んできたいと思います。

医学生のみんなが医師となって、活躍している頃、

どんな社会になっているのか?

そもそも医療・介護はどこに向おうとしているのか?

どんな仕組み(システム)の中で?

社会保障制度はどうなっていくのか?

いろいろな分野で動き・変化があると思います。

そしてその都度対応していかなければいけません。



ひとりひとりが、自分が目指す医師像に近づくためには、

大学での勉強はもちろん大事です。

プラス、社会に目を向けていくことも大事なことだと思います。



わたしたちは、社会の中で生きています。

目の前の患者さんも社会の中で生きています。

社会を少しづつでも知ることが、自分のためにも、

まわりの人のためにも、なっていきます。



この2日間で、これからの医療・介護のあり方(姿)について学びます。

しかも、みんなで一緒に楽しく、いろいろ考えながら。

もうすぐつどいです。

たくさんの学び、今から楽しみです♪

神保
posted by 医学対 at 09:21| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

地域包括ケアを学びます


明日です!!
ついに、明日から二日間、東海北陸地協医学生のつどいin桑名が開催されます。

作る側の事務局が最初に集まったのは6月ですかね。
11月の小イベントを挟んで、ついに本番!!あぁー長かったような短かったような…

作る側に入っている自分が言うのもなんですが、正直言って、中身相当イイです。
学習内容もいいし、遊びの部分も面白いの間違いないです。
自分自身も明日が本当に楽しみです。



学習テーマは「理想の地域包括ケアを考える」


三重県桑名市で、講演会あり、フィールドワークありの二日間を過ごします。
フィールドワークについては、桑名市さんの多大なご協力をいただき、桑名市健康福祉部、桑名市中央地域包括支援センター、桑名市在宅医療・介護連携支援センターへ、さらに、リハビリデイサービスnagomiさん、住民を代表して広域連合自治会長さん、あと、みえ医療福祉生協の伊賀町居宅介護支援事業所へと6か所に分かれて行います。

普段働いていても見れない現場や、聞けなかったりする話が聞けそうで一医療者として楽しみです。

遊びの部分は…まぁ、当日のお楽しみということで。笑



今日は、その事務局として、朝からバタバタしておるわけですが、まぁ大体準備OKかな。笑
あとは、明日を待つのみ!!…だろうか…。まぁよしとしておこ。



16-03-15-15-33-50-442_deco.jpg



今日は、お昼ごろに思いもよらぬ訪問者が二人やってきました。(正確には三人の訪問者だったんのですが、一人はいつも見ている顔なので)

来年度から当院で初期研修を始める医学科6年生の二人です。
あ、も一人は研修医担当事務です。


全然、病院に来てること把握してなくて、

会ったときのリアクションが


「お、おぉー」


みたいな
中途半端なリアクションになってもうた…
来るて分かってたら、もうちょっと髪型整えてたのに…。



ま、二人とも元気そうでよかったです。
顔が輝いていました。笑


4月が楽しみです。



いわさき

posted by 医学対 at 16:08| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

さんぽで



昨日は休みだったので、久しぶりに近所を散歩してきました♪



3月に入り、あたたかくなってきたので、

だいぶ気持ちが良かったです。

ただ、花粉症の方には・・・。厳しい時期かも。

私は今のところ、花粉症は大丈夫ですが。



普段、なかなか運動する機会がないので、「運動不足解消!?」を期待して。


歩き始めると、

こんなところに花が咲いているな〜とか、

今年初のつくしを発見したりとか。

運動しながら、近所の自然を満喫。



しばらく歩いていると、

川には、数羽カルガモの存在が。

普段の生活では、見落としている、生き物たち。



数えてみると、




1羽





2羽





3羽





4羽





5羽。




こんなにいるの・・・!?



とびっくりしましたが、

同時に、ふと疑問に思ったことは

この5羽の「関係性」です。



親子なのか、



それとも友だちなのか、



知り合い程度なのか、



または、それ以外かも。





う〜ん、結局、謎は解けないまま(笑)



2時間の散歩を終えました。




普段、考えないようなことについて、

考えたり、想像したりすることってとっても楽しいですね。

昔からそんなこと好きかも。

そんなことを感じた散歩でした。

神保
posted by 医学対 at 13:09| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

久しぶりの西の旅


今日、明日と福岡です。
ただいま名古屋をでて、西へひたすら爆走中。


福岡は北九州には何度か行ったことがあるんですが、福岡市内は実は初です。ちょっと楽しみ。


出張も、北と東が多く、久しぶりの西です。笑
長い旅なので、この時間を有効に過ごしたいと思います。とはいっても富山行くのと対して変わらんかな。


会議漬けの日程ですが、水曜日に、分室昼食会に来てくれた福岡出身の学生さんから福岡のこと色々聞いたので、せめて美味しいものぐらいは食べて帰ってきます。笑


あ、そういや昼間、歩きながらカミソリでひげ剃ってる人見つけました。あり得るそれ!?
結構な大通りを黙々と歩きながら、ひげ剃ってるんよ。いやー、斬新すぎる。



それはさておき

昨日は、神保さんがブログに書いていたように東日本大震災から5年の日でしたね。

昨日、神保さんと5年前の3月11日、あのときお互いどう過ごしていたかを話しました。



今、私が想うことです。

たくさんの人が亡くなり、未だに行方不明の人がいて、原発で生活が一変した人がいて、自ら命をたった人がいる。そして、その一人ひとりに家族がいて、親友がいる。


命をつないだ人は、自分を責め、明日が見えない毎日を過ごしている。例え、たくさんの深い絶望の中に取り残された人がいても、それでも世界は回り続けていて、月日は流れていく。



今願うことは、そんな人たちが、少しでも幸せを感じて笑顔でいてくれること。



世界の流れなんてどうでもいい。世界が回ろうと合わせて歩く必要なんかない。

ただ、笑える瞬間が、幸せを感じる瞬間があるのなら、その場所を大切に過ごしてほしい。心が綺麗になれるとき、優しい気持ちになれるとき、自然と笑みがこぼれるとき、そんな時は、自分を責めないでその場所をかみしめてほしい。


そして、どうか、もう、そんなみなさんの大切な場所が奪われるようなことがないように。

それだけを祈っています。


いわさき
posted by 医学対 at 18:35| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

あの日を忘れない



毎回、ブログを書くときに、今日はどんなテーマについて書こうかなあ〜と考えます。

その時、その時に自分が考えていることや

みなさんに伝えたいこと、

楽しかったことなどいろいろなテーマについて書くようにしています。



ブログを読んでいただいている時間だけでも、同じテーマについて共有できればと思っています♪



今日は、迷うことなく、考えることなく、直感で書いています。






「3.11」






あの日から5年。





人それぞれ、時間の感じ方は違うものだと思います。

あっという間だったと感じる人もいれば、

とっても長かったと感じる人もいると思います。



また、5年間の間で、社会やものごとに対しての考え方や、

気持ちの変化も当然、人それぞれ違ってくるでしょう。



この5年間、自分や自分を取り巻く社会はどのように変わっていったのか。

または、変わらなかったのか。

どんな方向へ進んでいるのか。進もうとしているのか。

振り返りながら、少しだけでも考えてみるのも良いかもしれません。




今日みなさんに、ひとつだけ伝えたいことは、

「3.11 あの日を忘れない」ということです。



日々、慌ただしく生活していると、忘れてしまいそうになります。

それが、決して悪いことだとは思いません。



3.11の今日は、少しだけでも、震災や原発事故・問題について、

心を寄せたり、考えてもらえたらと思います。



東日本大震災、福島第一原発事故から5年。

174,000人がなお避難生活をされています。

東京電力福島第1原発事故により、

福島県から県外に避難されている住民は計約43,000人。

また、厳しい避難生活、ストレスが原因となった震災関連死は3,410人。



すべての被災者の方、避難者の方、関係者のみなさんに、心より哀悼の意を捧げます。



今、願うことは、

「原発0の社会へ」と「被災地の一日も早い復興」です。

神保
posted by 医学対 at 12:09| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

結果発表


さて、本日、13時25分にキャッチコピーコンテスト表彰式が行われました。
忙しい中、駆けつけていただいたスタッフの皆さん、ありがとうございました。


とりあえず、この話はおいといて…




昨日は分室昼食会でした。


土砂降りの中、来てくれたみんなありがとう。
ひどく濡れていました。


昨日は、花粉症対策メニューを考えて作りました。
れんこん、鯖、海苔などがいいと聞き、それらを含んだメニューをずらりとそろえました。笑


自分も結構ヤバイのですが、学生さんたちの方がヤバイね。
昨日来てくれた子も目が真っ赤で、鼻ズルズルでした。


鼻が詰まって、口呼吸しかできないので、食事をするときは命がけのようです。
咀嚼中に窒息しかけるらしい。




もぐもぐもぐ・・・







・・・





・・・



ンハァッハァッハァッ!!!!!!  空気をくれー。



みたいな。



あ、そうそう、話飛びますが、昨日も一人、「医学部に合格しました!」ってLINEくれた子がいたり、今日も一人報告がきたりと、前期試験で合格した高校生たちからの嬉しい知らせが届いています。みんなおめでとう!!そして、おつかれさまです。

まだ、決まっていない子は悔いを残さないよう最後まで頑張って下さいね。






ということで、
それでは、キャッチコピーコンテストの結果です。








・・・













最優秀賞は








・・・










最優秀賞  「であいふれあいよりそう心(ココロ)」 です!!  リハ科、早川さん
おめでとうー!! 





続きまして





優秀賞は












・・・












優秀賞  「地域のみなさんの暮らしの一部」 です!! 医局事務 谷村さん
おめでとう―!!



きっと優秀賞をとった谷村さんは、今頃ブログをみて驚いていることでしょう。笑
出張で表彰式にはこれなかったのでね。

机の上に、賞状と景品が無造作に置いてあるので、明日ご覧ください。笑






16-03-10-15-29-02-360_deco.jpg


写真中央が最優秀賞を受賞した早川さん、写真右が小坂先生(事務局)、写真左が取材にきたみえ医療福祉生協の機関紙「みんなのえがお」の担当スタッフ。



さぁ、このキャッチコピー、みんなで大切に育てていきましょう。



いわさき


posted by 医学対 at 16:33| 三重 ☀| Comment(0) | 担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする